建築家のオープンハウス情報

このたび、中村高淑建築設計事務所にて設計監理を手がけた住宅が完成を迎えます。

入居に先立ってオーナーのご厚意により見学会を開催いたします。

この機会にぜひご高覧いだだければ幸いです。


▼申込方法:メールにて(nakamura@unit-h.com)

見学は申込制(無料)です。 「住所」「氏名」「電話番号」「ご希望のオープンハウス開催日」を

お書き添えのうえメールにてお申し込みください。おって詳しい案内をメールでお送りします。


※当日のお申し込みもOKです!当日は電話も受け付けます。

※見学は申込制(無料)です。開催時間中ご自由に見学いただけます。

※上限人数による入場整理あり。

※入場にあたり、マスク着用、検温、手指消毒などの感染予防対策へのご協力をお願いいたします。

※若干台の駐車スペースあり。近隣にもコインパーキングあり。前日までに詳しい案内図をお送りします。


ドタキャンもOKですのでお気軽にお申し込みください。

皆様のお越しをお待ちしております。

=========================================================

「茅ヶ崎の家・O邸」オープンハウス      ■ 4月3日、4日■

〜囲われた敷地にたつ、国産材を使った開放的なガレージハウス

=========================================================

https://nakamura-takayoshi.com/news/7030.html

サザンビーチから程近い住宅地、わずかな接道部分を除き周囲を住宅に囲まれている立地条件。近いとはいえ海は見えない。

この囲われた環境を逆手にとり、むしろ落ち着いて安定したプライバシーの高い環境と良い方向に捉えて、そこに湘南の温暖な気候と海まで徒歩10数分という地の利を活かし、内外共に開放的かつプライバシーとのバランスを図りながら、将来にわたりサスティナブルで柔軟に、そして家族が楽しく暮らせるような家を考えた。

初期案では外周4面をほぼ全てガラス張りとし、木造ながら金物と接着剤で端部を固めたラーメン構造として計画、バルコニーと部分的な木製ルーバーによってプライバシーとのバランスを保とうと考えた。しかしながら、準防火地域にあって開口部を防火設備とせねばならないことから、建築費高騰のさなか、コストコントロールによって構造は在来構法の範疇で接合部の金物を見せない方法に見直したうえで、いくつかの筋違部はガラス張りから壁とする案で最終的に落ち着いた。

海沿の地域にあって、いずれ復活したいと考えている趣味の車やバイクが外置きではすぐに錆びてしまう。そこでビルトインガレージと兼用した広い土間をエントランスホールとし、車さえだせばDIYの工作や室内の遊び場、読書や音楽鑑賞など、多目的に使うことができる場所とした。もともと囲われていて1階の日当たりに難があったところに、さらにバルコニーを庇がわりにし、夏には涼しい場所となるように考えた。

このように1階は趣味やリモートワーク時の仕事場、将来の個室など、子どもや家族の成長に合わせて、設えを変えられるようにと耐力壁ではなく家具によって間仕切る。

2階は日当たりの良い場所や借景できる箇所に開口部を設けて、明るいLDKとし、バルコニーをバッファゾーンとし、手摺壁との組み合わせでプライバシーを保つようにと考えた。バルコニーには露天風呂も設置した。

クライアントは多摩美術大学で共に建築を学んだ学友でもある。ご縁に感謝!

場  所 :神奈川県茅ヶ崎市共恵

日  時 :2021年 4月3日(土)13:00-18:00

           4日(日)10:00-18:00

      ※3日午前中をご希望の方はお問合せください

      

交  通:  JR線「茅ヶ崎駅」から

       1)徒歩 13分(約1.0km)

       2)バス 茅33:浜見平循環

       茅ヶ崎駅南口 → 中海岸 下車 乗車4分+徒歩3分

       3)タクシー  4分

      自家用車にて

        茅ヶ崎海岸ICより 6-12分

     若干台駐車スペースあり。近隣にコインパーキングもあり。


用  途 : 一戸建ての専用住宅

構  造 : 木造2階建て(国産材・紀州杉)

敷地面積 : 159.37㎡ (48.21坪)

延床面積 :  99.36㎡ (30.06坪)

設計監理 :unit-H 中村高淑築設計事務所

設計協力 :ブリックス。

構造設計 :吉田一成構造設計室

施   工 :親松工務店

連  絡  先:unit-H 中村高淑建築設計事務所

       TEL 045-532-4934

       Mail nakamura@unit-h.com

       (当日はお電話でのお申し込みもOK)

葉山町にてもうすぐ完成予定の住宅のオープンハウスを建て主様の御厚意にて開催させて頂けることとなりました。
日時:2021/3/7(日)11:00~16:00
場所:神奈川県三浦郡葉山町一色(JR逗子駅からバス約19分+徒歩約3分)
内覧希望される方はテントライン 水口までお問い合わせ下さい。
Email:jah@nifty.com・TEL:046-876-8111

(水口裕之)

日 時  : 2018年7月16日 10:00~16:00

場 所  : 東京都品川区

敷地面積 : 62.61m2

延床面積 : 69.53m2

規 模  : 地上三階

構 造  : 在来木造

設 計  : 荻津郁夫

構造設計 : ジャスト

施 工  : 株式会社 関口工務店

コメント:

7/16(祝日の月曜日)に品川区で設計監理を進めてきた住宅の内覧会を行います。

新防火地域の木造3階建69㎡、猫の通り道の小さな3層吹抜けから光が漏れ渡ります。

予約制ではありませんが、お越しいただける場合には事前に連絡をいただければ詳細案内地図をお送りします。

日 時  : 2016年11月26日(土)、27(日) 13:00~17:00

場 所  : 千葉県船橋市

交 通  : 北習志野駅(東葉高速鉄道・新京成電鉄)徒歩10 分

設 計  : アーバン・ファクトリー(藤江創、柳文相)

照 明  : AKARIYA(三上和彦、小林良子)

施 工  : 山中工務店(山中秀元、緑川幸雄、山中一郎)

コメント:

この度、アーバン・ファクトリーが設計監理いたしました、あたたかい家が完成いたしました。お施主様のご厚意により内覧会を開くことになりました。ご覧いただきご意見いただければ幸いです。

【家の概要】

大きな公園に面した住宅地に、共働き夫婦のための、あたたかい家を設計しました。釣りと料理、そして友人とのコミュニケーションを大切にするご夫婦。この家は夫婦だけで使うのではなく、訪れる方みんなが楽しめる家にしたいという意識がありました。そこで、みんなの意見が反映されるように、KJ法を用いてこの家のテーマを導き出しました。以下がそのテーマの一部とそれに対する回答です。

・あたたかく暮らせること。

>外皮性能をU値0.24W/m²・K、2か所の吹抜けを設け、エアコン一台で空調を可能にする。

・美味しく飲めること。

>1階の1/3 と2階全体がつながるワンルーム空間として、その中心にキッチンを配置する。

・洗濯の動線がコンパクトであること。

>洗濯機と南側ベランダ下の外干しスペースとの間に、採風窓を設けた部屋干しスペースを設ける。

申込方法:見学は申込制(無料)です。 メールにて、アーバン・ファクトリー藤江創(fujiso@kcd.biglobe.ne.jp)に「氏名」「参加人数」「連絡先(電話番号)」をお書き添えのうえ、お申し込みください。

追って、詳しい案内をメールにてお送りします。

おかげさまで、かねてより計画を進めておりました建築家・中村高淑の設計事務所および陶芸作家である中村直子のアトリエのある自宅が完成の時期を迎え、入居前に見学会を開催したします。ギャラリーとしても使える多目的なガレージをもち、初回の企画展示として初の夫婦2人展も同時開催予定。夜にはささやかなパーティも開きます。

この機会にぜひご高覧いだだければ幸いです。

日 時  : 2016年 3月25日(金)、26日(土)、27日(日)

午前の部 10:00-12:00 午後の部 13:00-18:00 、パーティ18:00-

※時間内にご自由に見学いただけます。

※25日 10:30よりLVLメーカー キーテックと合同記者会見

※会期中 13:00、15:00からホームコネクター工法説明会

※会期中 12:00から隣地レストラン「Verveine」にて

 昼食会(有料1800円)

※説明会・昼食会・記者会見を希望の方は予約をお勧めします

※会期中 18:00よりオープニングパーティ、ご自由にどうぞ

場 所  : 横浜市青葉区美しが丘4-26-27

https://goo.gl/maps/Y5Obk

交 通  :

1) 田園都市線「たまプラーザ駅」 徒歩16分(約1.4km)

もしくはバス3-8分 新25系統(北口6番)・た51系統(北口4番)

「平川」下車+徒歩1分

2) 田園都市線・市営地下鉄「あざみ野駅」徒歩20分 もしくはバス5分 向11系統(1番)・た51系統(2番) 「平川」下車+徒歩1分 ※本数最多

3) 田園都市線「江田駅」た51系統(東口2番)バス16分+歩1分

4) 小田急線「新百合ケ丘駅」新25系統(7番)バス26分+歩1分

5) 横浜青葉インターより車で14分(約3.3km)

コインパーキング有、時間帯によって 隣地 安藤第5駐車場 No.14、

レストラン・ヴェルヴェンヌP 駐車可(要確認)

敷地面積 : 54.07m2(16.32坪)

延床面積 : 94.99m2(28.67坪)

用 途  : 戸建専用住宅(アトリエ・ガレージ併設)

構 造  : 混構造( LVL木造薄肉ラーメン構造 +RC造薄肉ラーメン構造)

3階建て 準耐火構造

設計監理 : unit-H + 中村高淑築設計事務所、

建築雑技団一級建築士事務所、他

構造設計 : 吉田一成構造設計室

施 工  : 親松工務店

メーカー : キーテック(LVL製材加工)

スクリムテックジャパン(ホームコネクター販売)、他

コメント:

間口4.0m、奥行13.6m,敷地面積54平米(約16坪)という細長い狭小地に建築家自身の事務所と妻の陶芸アトリエを持つ小さな住宅を計画した。

建物短辺スパンはわずか2.77m(一間半)。この幅でビルトインガレージを設け、ここを時にはギャラリーやイベントスペースとして、あるいは将来の事務所拡張や店舗にも転用できる多目的なバッファゾーンとした。またキッチンや収納部を可動にして可変性を持たせ、小さな建築だからこそ自由度を高めること で、長きに渡りフレキシブルに使い続けられるように考えた。

構造方式はRC部分、木造部分ともに耐力壁および柱型梁型すらもない「薄肉ラーメン構造」を採用、シンプルな構造躯体を実現した。

1階は狭い間口にガレージを設けることと川沿いにあることから剛性と耐久性を重視して、RC(鉄筋コンクリート)造で900幅×200厚の壁柱と扁平梁による薄肉ラーメン構造とした。

このRC部分を基壇とし、川沿いにあって建物の軽量化による杭工事コストダウン、また近年の木造建築需要の高まりを受けて、そしてなにより住宅としての温もりを求めて木造とした。

木造躯体は900幅×150厚の「LVL(単板積層材)」という高い剛性(ヤング率160E)を持つ木質壁柱、および扁平梁を「ホームコネクター(接続金物)」と接着剤を併用して半剛接合し、木造で1階と同じく薄肉ラーメン構造とした。

階段と一部の梁は合理的でシンプルな鉄骨造。

開放的で自由度の高い平面計画を可能とし、コンパクトな建築でも長期に渡って可変性を持ち合わせる事を試みた。用途に応じて設えを更新しながら、200年先までも持続再生可能な建築となることを願っている。

▼案内図はこちらから

http://www.unit-h.com/201603252627openhouse.pdf

▼設計概要書はこちらから

http://www.unit-h.com/201603252627summary.pdf